いつも読んでくださってありがとうございます、Chopingです。

この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今回は地震・津波の報を受け、ボストンコモン(学校から徒歩15分のところにある大きな公園)にて救助、復興支援のためのパフォーマンスを行っているBerklee生達の様子を紹介します。

本日の演奏には写真(上)でご覧の通りたくさんの人が集まってくれました。

忙しい中駆けつけてくれた大林武司くんとClay Lyonsの2人。(さすがの演奏に観衆も聴き入っていて、頼もしい限りでした。)

ちょうど学校が1週間休みのため、多くの日本人学生や日本を応援してくれている学生達が協力して、このチャリティーパフォーマンスは平日も含めて毎日行われています。演奏参加者が次第に増えていくとともに、募金をしてくれる方もだんだんと増えていって、なんとも有り難いことです!もちろんチャリティーで集まったお金は全額寄付されるとのことです。

遠くボストンの地より、日本人だけでなくたくさんの日本を応援してくれている人たちのメッセージが届いて、

被災者の方々に少しでも元気が戻りますように。

1日も早い復興をお祈り申し上げます。

それではまた次回お会いしましょう!

Choping